予防歯科における唾液検査

唾液検査はご存知ですか?当院はすべての患者様に唾液検査をまず受けていただいています。唾液検査でわかることは、虫歯菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌)の数、唾液緩衝能(虫歯に対する唾液の抵抗力)、唾液量(ドライマウスなど)です。これは、患者様個人の体質(虫歯リスク)を判定し、歯の並び方や生活習慣を含めた予防計画を立てるためです。まず、お口の中の環境改善(クリーニングによる菌の減少や徹底的なブラッシングなど)を行います。クリーニング後しっかりセルフケア(ブラッシングなど)ができることを確認してから必要あれば虫歯治療に入ります。虫歯菌が減少してないのに虫歯治療しても菌が治療部位に入ってしまいますよね。虫歯治療後はメンテナンスに移行します。適切なセルフケアや定期メンテナンスを行えば健康な口腔内をいつまでも維持できます。歯は失ってからその重要性を理解される方が多いですので、1本でも多く健康な歯をいつまでも残すことで、お口のみならず全身の健康にもつながっていきます。