歯の根の炎症の治療(感染根管処置)について解説しています。

歯の根の治療というのは2種類あります。すでに以前解説した抜髄処置(歯の神経をとる治療)と今回の感染根管処置です。抜髄処置の場合は、根の中の細菌数が少ないため神経除去後は早期に治療がおわりますが、感染根管処置は細菌数が多く、根の消毒(根管治療)に長くかかる場合があります。神経の無い歯でも、根っこの外側にも神経がありますので、根の奥の炎症は痛みを感じます。これが神経の痛み(しみる、しくしく痛い)ではなく、根の炎症の痛み(鈍い痛み、噛むと痛い)です。
細菌感染ですので、放置すると歯茎や顎・顔が腫れてくることもあります。