歯の麻酔~この間は麻酔がよく効いたのに、今日は麻酔しても痛い~

歯の麻酔は、上の歯と下の歯では効き方が違うことをご存知ですか?
歯の麻酔は、麻酔する歯の根っこあたりの歯茎に打ちます。顎の骨と歯茎の間に打って、麻酔薬が骨を通して歯の根っこに浸透するのを待ちます。
上あごと下あごでは、骨の密度が違うため麻酔の効き方に差が出るのです。
一般的に上の歯は効きやすく、下の歯は効きにくいです。
麻酔薬が骨を透過しにくい場合は、歯根膜麻酔、髄腔内麻酔、伝達麻酔などを併用することもあります。