歯周病について。

歯周病について簡単に解説しています。歯周病は歯と歯茎の隙間に歯垢、歯石が溜まったままになり、歯茎が慢性の炎症を起こす病気です。歯肉だけではなく、歯槽骨といって歯を支えている骨まで溶けてしまうと歯がぐらぐらしてしまいます。
また、歯周病菌の全身への影響も懸念されます。