親知らず抜歯と唇のしびれについて。

親知らずといってもいろいろあります。
上の親知らず、下の親知らず、まっすぐ生えているもの、斜めになって手前の歯にぶつかっているもの、真横になっているもの、骨の中に埋まっているもの、のう胞が一緒になっているものなどなど、様々です。
ですので、簡単に抜歯できるものや入院して全身麻酔して抜くものまであります。

特に下の深い位置に埋まっている親知らずは、下あごの中を通っている神経や血管に近いため、注意が必要です。
最近はCTによる診断も増えているため、一つのリスク回避の検査かと思います。