顎関節症について②

前回の続きで、顎関節症の治療法について解説しています。具体的には、スプリント療法(マウスピース)です。スプリント(マウスピース)は入れて終わりではなく、定期的なスプリント(マウスピース)の調整が必要です。
スプリント療法は有効ですがあくまでも補助療法であり、顎関節症で最も有効なのはセルフケアということ頭におかなければ、なかなかよくなりません。

顎関節症は放置しても際限なく悪くはなりませんが、痛みが継続したり繰り返したりします。状況によっては、あごが引っかかってほとんど開かなくなってしまうこともあります。

思い当たる顎関節症の症状がおありでしたら、歯科医院にご相談してみてください。
今後は、セルフケアの方法についても詳しくご紹介したいと思います。