あごの骨折は何科で治療するの?

ニュースでたまに交通事故、転倒、ケンカなどで”顎の骨を折る重症”とういうことを耳にしますよね?
では、顎の骨折は何科で治療するのでしょう。
顎の骨折の場合、外科と思われる方が多いですが、外科ではほとんど診療しません。
主な、診療科は歯科口腔外科(歯科医師)、形成外科、耳鼻いんこう科です。
なかでも多いのが、歯科口腔外科および形成外科です。
顎の骨折の場合は、かみ合わせが関係するため歯科口腔外科に入院し、歯科医師が手術をします。
手術中もかみ合わせを確認しながら、慎重に手術を行っています。手術で骨がついても、かみ合わなければ困りますよね?
今回は、あごの骨折について解説してみました。