歯ぎしりについて。

歯ぎしりについてのご説明です。歯ぎしりは夜間に無意識にすることが多く、歯ぎしりによる歯に加わるダメージはかなり大きいといわれています。
歯ぎしりがあると歯周病が進行しやすくなり、歯が割れたり、すり減ったり、さらには顎関節症の心配もあります。
治療方法としては、マウスピースが一般的ですが、他にも抑制法があります。
歯ぎしりの疑いがある方は、歯や歯茎、顎にダメージが及ばないうちにご相談ください。