歯の痛み、虫歯ではなく歯の根っこの炎症について。

虫歯が進行すると痛みが出てきます。この痛みは神経の痛みなので、鋭い痛みでズッキンズッキンするとか、しみるとかの痛みです。でも、このまま放置していると痛みがなぜか自然と収まります。でも、これは治ったのではなく、虫歯菌が神経を破壊して、次の段階の歯の根の炎症に移行する準備段階となります。
この状態は、ばい菌がすでに歯の根っこについているので、疲れたり、寝不足、風邪をひく、などの体の免疫力が低下する状況で、悪化します。
体調が悪いときに、いつも歯の同じ部位が痛くなるというのはこの可能性が高いです。
歯の根の炎症は非常に怖く、あごの骨の中にばい菌が入ってしまうので腫れたり、熱が出たりと全身症状を伴うことも少なくありません。
痛みの無い虫歯を放置されている方、かかりつけの歯科で診てもらうようにお願いします。