歯根のう胞(膿の袋)ってなに?

歯の根の炎症が長くあると、歯の根に膿の袋(歯根のう胞)を作ることがあります。症状的には、歯の根のあたりの歯肉が腫れたり、噛むと痛い、歯の根あたりの歯茎を押すと痛いなどがあります。また、無症状に経過するものもあります。
歯根のう胞は、炎症が長くあったため、ばい菌の塊の周りに体が薄い皮を作ってばい菌が奥に入らないようにします。この皮の中に膿がたまりできます。のう胞は放置すると徐々に、あごの骨を溶かし大きくなっていきます。
治療は袋を除去する手術をします。もちろん原因となった歯の処置も必要です。
袋は徐々に大きくなるため、早めに手術してしまわないと、大きくなったあとでは治療がさらに困難になってしまいます。
また、歯性病巣感染といって体のほかの部位に炎症が起きることがあるので注意が必要です。