虫歯から蓄膿症??~歯性上顎洞炎について~

上奥歯の虫歯を放置していると歯が原因の蓄膿症を起こすことがあります。特に、奥から2番目の第一大臼歯の歯根は、副鼻腔の一つである上顎洞に近接しているため、虫歯のばい菌が上顎洞に入り炎症を起こします。
上顎洞炎を起こすと治りにくく、頭痛や顔の腫れや痛みの原因にもなります。
虫歯も放置すると隣接臓器の影響しますので、早めの処置が必要です。