虫歯と食事回数について。

虫歯と食事回数、甘いものが虫歯に関係することは比較的容易に想像できますよね。でも食事回数??
この食事回数は虫歯に非常に関係します。食事、間食すると食べ物の中に含まれる糖が影響し虫歯菌が酸を出すことでお口の中が酸性になります。酸性度が時間とともに(食後数分)進行すると、歯が溶け始めます。溶けた歯に虫歯菌がついて、また酸を出し歯をさらに溶かしていきます。
そのため、食事をするとすぐに歯が溶け始めるというイメージです。このお口の中が酸性になった状態を唾液が一生懸命中和します。これが、毎日食事、間食回数分繰り返されるのです。
いかがですか?食事回数と虫歯は意外にも関係があることがお分かりいただけたと思います。
虫歯予防には、歯磨きも重要ですが、食事回数内容も重要なのです。