虫歯予防~海外との比較~について。

テレビCMなどで”スェーデンが虫歯予防の先進国”というイメージが最近広がってきています。耳にされた方も多いのではないでしょうか?
では、スェーデンと日本とでは何が違うのでしょうか?
それは、定期受診率です!
スェーデンでは歯科医院は痛いとき、症状のある時に受診するのではなく、歯やお口のメンテナンスに定期的に訪れるイメージです。そのため、スェーデンの国民は自然と虫歯や歯周病の知識が身につき、さらに予防のテクニックや知識も深くなります。それに加え、歯科医師が虫歯やお口の中の病気の発見に早期から介入できるのです。
わが国、日本も医療費削減の目的からも予防を真剣に取り入れ、患者様に医療知識を身に着けていただき、全国民が疾病予防に取り組む環境を作りたいですね。