求人募集 舌痛症サイト オンライン診療
公式LINEはじめました お友達登録お願いします!

義歯は何のために入れる?しっかり理解してから入れよう!

何からの理由で「入れ歯を入れなければならなくなった」時、入れ歯を入れる意味をしっかりと理解できていますか?

「入れ歯を入れなければならない」ということだけが先行して、本来の目的や意味を忘れてしまう方が時々おられるのですが、入れ歯治療の意味や目的を理解すれば、そのイメージは大きく変わるはずです。

今回は、入れ歯治療の目的や意味などについて解説します。

残っている歯やアゴを守る

入れ歯治療は、失った歯を補う治療の一つとして知られていますが、実はそれだけではありません。入れ歯は、残っている歯やあごを守るために使われます。そのため、入れ歯を装着する前には必ず口内環境を整えることが大切です。

また、入れ歯作りについては後悔しないようにきちんと医師と話し合うようにしましょう。総入れ歯がいいのか、部分入れ歯なのか、もしくは、他の選択肢があるのかを時間をかけて話し合うことで、結果的に納得した入れ歯治療が進められます。

入れ歯の種類について

入れ歯には、主に「総入れ歯」「部分入れ歯」があります。また最近では、「ノンクラスプデンチャー」というものが注目されています。

今回は、この3つについて簡単に解説します。

①総入れ歯

総入れ歯は、歯にあたる部分(人工歯)と歯茎にあたる部分(床)の二つの部分で構成されています。保険で作るものは床がプラスチックであることが多く、自費で作るものは床の素材をコバルトクロムやチタン、シリコンなどで作ることが可能です。

なお、入れ歯を入れるためには、まず口内環境を健康な状態に保つことが重要です。入れ歯を入れても、自然に噛める状態になるようにしなければなりません。

②部分入れ歯

部分入れ歯は、歯を失った部分だけに入れ歯を入れ、噛む力を支えるものです。残っている歯とのバランスを考えながら設計しなければならないため、かなり精密な設計が必要になります。

ですが、しっかりと入れ歯がハマれば装着中に入れ歯は動くことなく、残っている歯との負担を分散できるため、問題なく噛むことができるようになります。

③ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、金属バネのない入れ歯のことです。これまでの入れ歯には必ず金属のバネが入っていました。そのバネが目立つことを気にして笑えなかったり、日常生活がのびのびと送れない方が多くおられたのですが、そういった方のお悩みを解決することができる入れ歯と言えます。

 

当院の義歯治療の特徴

当院では、義歯治療に対する特徴として次の3つが挙げられます。

①快適でフィット感の高い義歯の提供

入れ歯治療においては、いかにお口にフィットするものを作れるかどうかがカギとなります。入れ歯治療に対するイメージとしては、「しっかり噛めない」「痛い」といったネガティブイメージを持たれがちですが、決してそうではありません。

当院では、カウンセリングに時間をかけることや精密な検査をしっかりと行うことで、患者様にとって心地の良い入れ歯づくりを心がけています。

②最適な入れ歯を作るためのサポート

入れ歯には、形状や材質など様々な選択肢があります。また、噛み合わせの具合や痛みの少なさ、メンテナンスのしやすさも異なってきます。

そこで、入れ歯治療においてはそれぞれのメリット・デメリットはもちろんのこと、治療期間やコストなどについての情報を惜しみなく提供します。その上で、患者様が「これが自分に合っている」と思えるものを選んでいただけるようにサポートしています。

③入れ歯のチェックや作り直しなどを重視

入れ歯には耐用年数があります。「一度作れば一生物」というわけではないので、定期的なチェックや作り直しが重要です。常にお口にあったものにすることで、より良く口内環境をキープしましょう。

入れ歯治療を行うにあたっては、しっかりと理解しておくことが大切です。お近くもしくはかかりつけ医に相談してみるのも有効な手段です。

 

博多駅周辺の歯科医院|つのだデンタルケアクリニック

福岡市博多区の博多駅周辺つのだデンタルケアクリニックでは、予防歯科と舌痛症診療を中心に、患者様の痛みやお悩みを解決すべく日々診療しております。

むし歯・口腔外科の治療や、小児歯科・インプラント・歯周病・ホワイトニングなどの幅広い診療を行っております。

口腔外科出身のドクターがお口にまつわる幅広い相談を受け治療を行うことで、地域のホームドクターとして皆さんのお口の健康をサポートしていきます。

土曜も診療している通いやすい歯科医院です。

■住所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10

■TEL
092-400-0080
サイト
【オフィシャルサイト】
https://tsunoda-dentoral.net/
 
【舌痛症専門サイト】
https://zettsu.com/
 

その他のコラム

口コミについて、思うこと

最近、ネット上のネガティブな口コミを削除する業者があると聞きます。 確かにネガティブな口コミは、そのお店やクリニックの評価を下げるため、避けたいと考えるのはわかります。 ただちょっと考えてみると、ネガティブな口コミはお店に対してのお客様、患者様の率直な意見であり、ポジティブな口コミはもちろん嬉しいですが、ネガティブな口コミほど宝が埋もれているのではないかと思います。 確かに、いわれのないことを書かれることもあるかもし...

詰め物や被せ物はどう選ぶ?

虫歯治療で行われる詰め物や被せ物ですが、保険診療と自費治療によって見た目や耐久性、コスト面など違いがあります。今回は、詰め物や被せ物を選ぶ時の基準や当院で扱っている材質について解説します。 覚えておくべき選択基準について ①安全性 詰め物や被せ物は、口の中に入れるものだからこそ「安全性」は意識する必要があります。材質によっては金属アレルギーなどを起こす可能性があるため、ご自身にとって安心かつ安全なものを選ぶよう、...

歯を失った時の自分に合う治療法の選び方

病気や事故で歯を失ってしまったら…。 歯を失うことは、見た目の問題だけでなく、様々な問題を引き起こします。 そこで、歯を失った場合、機能や見た目を回復するための治療を検討するのがおすすめ。 今回は、歯を失ってしまう原因や治療法についてご紹介します。   歯を失ってしまう原因 歯を失ってしまう原因はいくつかありますが、多くはむし歯や歯周病、不慮の事故が原因です。 またラグビーやボクシングのようなス...

放置はNG!詰め物・被せ物が取れてしまったときの対処法

キャラメルやガム、硬いものを食べていた時、被せ物が取れてしまったという経験はありませんか。詰め物や被せ物は、治療から何年も過ぎると接着するためのセメントが劣化したり、詰め物と歯の間にむし歯ができたりして、外れてしまうことがあります。では、詰め物や被せ物がとれてしまったら、どうすればいいのでしょうか。やってはいけないことと正しい対処の仕方をお伝えします。 詰め物・被せ物がとれたとき、やってはいけないことは?  ...

年始のご挨拶

あけましておめでとうございます。 あっと言う間に2021年が過ぎました。 私としては、実りの多い充実した1年を過ごせたと感謝の気持ちを感じつつ思い返しております。 いよいよ2022年がスタートしましたね!! さらに患者さん、スタッフ、社会に貢献し、今年の終わりには”よくやった、素晴らしい年だった!!”となることになっています。 コロナ禍も続きますが、皆様もどうぞお体ご自愛され、2022年は素晴らしい年...

カテゴリ

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

お問い合わせはこちら 092-400-0080
つのだ先生が取り組む舌痛症
ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル
小児プログラム
つのだデンタルケアクリニック
tel.092-400-0080

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10
南近代ビル2F

診療時間
9:30〜13:00
14:30〜20:00(19:30最終受付)

○…11:00~13:00 △…14:00~17:00

診療科目:一般歯科/小児歯科/口腔外科

公式LINEはじめました お友達登録お願いします!
092-400-0080 お問い合わせ