求人募集 舌痛症サイト オンライン診療

歯を失った時の自分に合う治療法の選び方

病気や事故で歯を失ってしまったら…。

歯を失うことは、見た目の問題だけでなく、様々な問題を引き起こします。
そこで、歯を失った場合、機能や見た目を回復するための治療を検討するのがおすすめ。
今回は、歯を失ってしまう原因や治療法についてご紹介します。

 

歯を失ってしまう原因

歯を失ってしまう原因はいくつかありますが、多くはむし歯や歯周病、不慮の事故が原因です。
またラグビーやボクシングのようなスポーツでも、歯を失ってしまうことがあります。
もし、何らかの事故で歯が抜けてしまったら、速やかに歯科医院を受診してください。
場合によっては、元の位置に戻せることがあります。

抜けた歯や折れてしまった破片は、捨てずに保管し持参してください。
歯の破片は乾燥させない方がいいので、牛乳につけておくのが良いでしょう。
牛乳が手元にない場合は、口の中に含んでおいてください。

 

 

 

 

失った歯をそのままにしていても大丈夫?

歯が抜けても見た目だけの問題ならこのままにしておこうと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、歯を失うことは見た目以外にもさまざまな問題を引き起こします。

まずは咀嚼する機能が低下してしまうこと。
また咀嚼がうまくできないと、食べ物を消化する際、胃や腸に大きく負担がかかってしまいます。
また発声に影響が出たり、口臭やむし歯、歯周病のリスクが上がったりするなど、歯を一本失うだけでもさまざまな悪影響が出てしまうのです。

 

 

 

 

歯を失った場合の治療法

さまざまな悪影響が考えられるため、歯を失った際は早めに歯科クリニックを受診することをおすすめします。
主な治療は3種類で、それぞれメリット・デメリットがあるため、しっかり比較したのち選ぶ必要があります。

 

1)入れ歯
最も手軽な治療法が「入れ歯」です。
メリットは治療期間が短くすみ、複数本歯を失った場合でも治療が可能です。
またバリエーションがさまざまで、それぞれの症状に合わせて製作できるのも魅力。保険適応されるものもあるため、安価で治療ができるのもポイントです。
ただし、入れ歯を口の中の粘膜で固定するため、慣れるまで違和感を覚えやすく、ときに食事や会話に支障がでます。また見た目に違和感を覚えることも。
定期的に外してお手入れも必要です。

 

2)ブリッジ
異物感が少なく、噛み心地に優れているのがブリッジです。
両隣の歯を削って土台にし、人口歯を被せ、まるで橋渡しをするようにつながった被せ物を固定する治療法で、失った歯が1、2本の場合に検討します。
外科手術を行わないこと、またまるで自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。前歯のブリッジなら保険適用範囲内でも、自然な審美性が保たれるのもメリットといえます。
ただし、土台となる健康な歯を削ってしまうため、土台の歯の寿命が短くなってしまいます。また土台となる歯がない場合は、ブリッジが使えません。

 

3)インプラント
異物感がほとんどなく、まるで天然馬のような美しさと噛み心地が期待できるインプラント。
顎の骨がしっかりしていれば、欠損本数を問わず治療できます。
ただし歯が抜けた部分に人工歯根を埋め、上から人口の歯を被せる治療法のため外科手術が必要で、治療期間もやや長め。
また保険が適用はされないため、入れ歯やブリッジに比べると高額な治療となります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。
自分にあった最適な治療法を歯科医師と相談しましょう

福岡市博多区の歯医者「つのだデンタルケアクリニック」の公式サイトです。
予防歯科と舌痛症、口腔外科ならお任せください。患者様の痛みやお悩みを解決すべく日々診療しております。
何か違和感があるときに、気軽にご訪問ください。

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10南近代ビル2F
092-400-0080

フロントページ

フロントページ

その他のコラム

上の歯が痛いのに、下の歯が原因?!

歯の痛みを訴えられて来院される患者さんは少なくありません。 ただ、ご自分で痛いと思われている歯と、痛みの原因の歯が一致しないこともあります。 例えば、下の奥歯が痛くて来院されましたが、レントゲンやほか検査をしても下の歯には異常がなく、同じ側の上の歯に虫歯あった、など。 これは、歯の痛みを感じる神経の大元は一つですが、枝分かれして個々の歯に行っているからです。 そんな場合は、原因の歯を治療すれば痛みは治ります。 ...

放置はNG!詰め物・被せ物が取れてしまったときの対処法

キャラメルやガム、硬いものを食べていた時、被せ物が取れてしまったという経験はありませんか。詰め物や被せ物は、治療から何年も過ぎると接着するためのセメントが劣化したり、詰め物と歯の間にむし歯ができたりして、外れてしまうことがあります。では、詰め物や被せ物がとれてしまったら、どうすればいいのでしょうか。やってはいけないことと正しい対処の仕方をお伝えします。 詰め物・被せ物がとれたとき、やってはいけないことは?  ...

変化に気付く

同じ道を歩いているとき、アスファルトや周辺の建物などはあまり変化のないものですよね。 でも、空や天候、歩いている人、道端に植えられている樹木や草花は毎日変化しています。 何となく歩いていると気づかないような変化、そこには小さな生命のドラマがあるかもしれません。 そんなことを考えたり、空を見上げてみたり、歩いているときの視線を少し上げてみると、毎日同じ道でも変化に気づけるかもしれません。 この気づきはトレーニングだそ...

歯の麻酔や治療は痛い?

「昔、治療の時ものすごく痛かったので、怖くてなかなか来れませんでした…」 こんな声を患者さんからお聞きすることもあります。 でもそろそろ行かなきゃと思われ勇気を振り絞って来院されます。 昔に受けた治療の怖さが強調されていたようで、実際処置が終わってみると”あれ?あまり痛くなかった”と言われる方も多いです。 最近の歯科処置は痛みに配慮することも治療技術の一つになっており、痛くない治療が一般的となっています...

ラッキー♪

”自分に起こる出来事の解釈を変えることで、こんなに気分が変わるものだな”ということがありましたのでシェアしたいと思います。 その日は会議があり少し早めにクリニックを出て、駅に向かうところでした。 目の前で丁度バスが扉をしめて出発し、間に合いませんでした。 そのままバスを待っており次のバスが来ました。 まあまあ混んでいたので、自分が乗らないことでそのバスに少しに余裕ができればと思いスルーしました。 ただ...

カテゴリ

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

お問い合わせはこちら 092-400-0080
つのだ先生が取り組む舌痛症
ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル
小児プログラム
つのだデンタルケアクリニック
tel.092-400-0080

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10
南近代ビル2F

診療時間日・祝
9:30〜13:00
14:30〜18:30

○…11:00~13:00 △…14:00~17:00

診療科目:一般歯科/小児歯科/口腔外科

092-400-0080 お問い合わせ