求人募集 舌痛症サイト オンライン診療
公式LINEはじめました お友達登録お願いします!

子どものむし歯を予防するにはどうすればいい?注意したいポイントを紹介

白く美しいお子さんの歯は、長く健康に保ちたいものです。でもどうやって?そこで今回は、子どものむし歯予防のためにできることをご紹介します。

 

ミュータンス菌をうつさない

「むし歯菌」とも呼ばれる「ミュータンス菌」。口の中にはたくさんの菌がいますが、むし歯のもととなる細菌の塊・歯垢をつくりやすく、糖を分解して歯を溶かす酸を作り出す能力が高い菌です。そのため、ミュータンス菌の感染を極力防ぐことが、むし歯予防につながります。

 

ミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。子どもたちは周囲の大人の唾液から、ミュータンス菌に感染しているのです。特に、注意したいのは奥歯がはえそろってくる17カ月〜27カ月のころ。スプーンや食器を共有したり、噛み与えや口移しをしたりしないようにしてください。また、子どもの周囲の大人のお口の健康も大切です。ご家族のお口の環境を整えて、ミュータンス菌を防ぐことで、お子さんへのミュータンス菌の感染機会を減らすことができます。

 

歯に優しい食生活

 

ミュータンス菌が酸を作るための材料が「糖」です。糖を頻繁に摂取していると、菌は歯の表面に付着しやすくなります。そのため、糖の摂取を保護者の方がコントロールしてあげる必要があります。特に気をつけたいのは間食の回数。飴やチョコレートといったおやつをだらだらと食べ続けると、口の中の歯垢は酸性状態となり、むし歯を進行させてしまいます。朝昼夕の3食はしっかり食べさせ、おやつは回数を減らし1回15分くらいと食べる時間を決めてみましょう。おやつは、ジュースヤドリンクではなく、お茶や牛乳、水といった飲み物と一緒に摂取を。また、できれば砂糖量が少なく、よく噛んで食べるおやつを用意してください。食べ終わった後はうがいや歯磨きを行うことも大切です。

 

フッ素塗布で歯を強化

お子さんの歯の健康に欠かせないのが、歯のケアです。なかでも、ブラッシングはむし歯予防に有効です。保護者の方が、仕上げ磨きを十分に行うようにしましょう。また、ブラッシングでは、フッ素入りの歯磨き粉を採用することをおすすめします。歯の質を強化し、歯を溶かす酸が作られるのを抑える働きもあるためです。

 

さらに歯が生えたら2〜3カ月に1回は歯科クリニックで、フッ素塗布を行うようにしましょう。歯科クリニックのフッ素は、家庭で使う歯磨き粉などに比べて濃度が濃く、効果も高いものです。お子さんのはが生えた直後に塗布するのが、最も効果的といわれているので、歯が生えはじめるころにご相談ください。

 

もちろん、ご自宅での仕上げ磨きに不安がある方もお気軽にご相談ください。また、保護者の方のお口の環境を整えることは、お子さんの歯の健康を守るのに有効です。お子さんと一緒に、定期的な歯科検診を受けて、親子でオーラルケアに努めましょう。

博多駅周辺の歯科医院|つのだデンタルケアクリニック

福岡市博多区の博多駅周辺つのだデンタルケアクリニックでは、予防歯科と舌痛症診療を中心に、患者様の痛みやお悩みを解決すべく日々診療しております。

むし歯・口腔外科の治療や、小児歯科・インプラント・歯周病・ホワイトニングなどの幅広い診療を行っております。

口腔外科出身のドクターがお口にまつわる幅広い相談を受け治療を行うことで、地域のホームドクターとして皆さんのお口の健康をサポートしていきます。

土曜も診療している通いやすい歯科医院です。

■住所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10

■TEL
092-400-0080
サイト
【オフィシャルサイト】
https://tsunoda-dentoral.net/
 
【舌痛症専門サイト】
https://zettsu.com/
 

その他のコラム

幼年期・児童期・思春期・青年期。子どものお口の健康管理のために知っておきたいこと

子どもが健やかに育ち、大人になっても健康で充実した日々を送ってほしいと思うのが親心というもの。子どもにとっても、親の影響というものはとても大きく、ご両親の体型や体質、食習慣や生活環境は、子どもの成長に明らかに関係するものです。   お口の健康も同じで、親御さんがお子さまへ、どのようにケアについて伝えていくのかがその後に大きく関わってきます。そこで今回は、お子さんの成長に合わせて知ってほしいオーラルケアについてお伝え...

「オーラルフレイル」を予防しよう!

オーラルフレイルとは? オーラルフレイルとは、「オーラル(お口)」+「フレイル(衰え)」を合わせた言葉で、噛む、飲み込むといった口腔機能が衰えてしまうことを指します。 口腔機能の衰えは、一般的な身体機能の低下よりも先に来るものと言われており、噛む力や下の動きの悪化が食生活に支障を及ぼすこと、滑舌が悪くなってしまうことで人とのコミュニケーションが少なくなってしまうことが問題視されています。 特に、次のような自覚...

ラッキー♪

”自分に起こる出来事の解釈を変えることで、こんなに気分が変わるものだな”ということがありましたのでシェアしたいと思います。 その日は会議があり少し早めにクリニックを出て、駅に向かうところでした。 目の前で丁度バスが扉をしめて出発し、間に合いませんでした。 そのままバスを待っており次のバスが来ました。 まあまあ混んでいたので、自分が乗らないことでそのバスに少しに余裕ができればと思いスルーしました。 ただ...

自分が生きている意味は?

よく”自分探し”とか”自分が生きている意味を知りたい”とか耳にすることがあります。 このことについて考えてみたいと思います。 第2次大戦中に、かのアウシュビッツ収容所の収監されたユダヤ人精神科医ビクトールフランクルが収容所内の様々な過酷な状況を経験した上で述べていたことです。 ビクトールフランクルは、収監される前より”ロゴセラピー”という考え方を確立しており、アウシュビッツ収容所内でこの自分の考え方は間違っていな...

歯の麻酔や治療は痛い?

「昔、治療の時ものすごく痛かったので、怖くてなかなか来れませんでした…」 こんな声を患者さんからお聞きすることもあります。 でもそろそろ行かなきゃと思われ勇気を振り絞って来院されます。 昔に受けた治療の怖さが強調されていたようで、実際処置が終わってみると”あれ?あまり痛くなかった”と言われる方も多いです。 最近の歯科処置は痛みに配慮することも治療技術の一つになっており、痛くない治療が一般的となっています...

カテゴリ

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

お問い合わせはこちら 092-400-0080
つのだ先生が取り組む舌痛症
ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル
小児プログラム
つのだデンタルケアクリニック
tel.092-400-0080

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10
南近代ビル2F

診療時間
9:30〜13:00
14:30〜20:00(19:30最終受付)

○…11:00~13:00 △…14:00~17:00

診療科目:一般歯科/小児歯科/口腔外科

公式LINEはじめました お友達登録お願いします!
092-400-0080 お問い合わせ