求人募集 舌痛症サイト オンライン診療
公式LINEはじめました お友達登録お願いします!

歯周病と歯槽膿漏の違いを知って適切な対処を!

現在、成人のおよそ8割がかかっていると言われる歯周病ですが、これまでに「歯槽膿漏」という言葉を数多く聞いた方がおられるかもしれません。

特にご高齢の方については、歯周病よりも歯槽膿漏の方が聞き馴染みがあるのではないでしょうか。

今回は、「歯周病と歯槽膿漏って何が違うの?」という疑問を解消しつつ、適切な治療について解説します。

歯槽膿漏は歯周病の総称

実は、歯槽膿漏は歯周病の総称です。歯周病には、「歯周炎」「歯槽膿漏」というように進行度によって名称が変わります。

たとえば、歯周炎は歯肉炎が進行した状態であり、軽度から重度という段階に分類されます。例えば歯肉炎が中度になると歯周ポケットは大きくなり、口臭がキツくなります。さらに、歯茎が下がってきて歯が長く見えるなど歯周病の症状が顕著にみられるようになります。さらに歯周炎が進行して重度になると、歯がグラグラになって歯周ポケットに膿が溜まり、強烈な匂いになります。この状態が、「歯槽膿漏」なのです。つまり歯槽膿漏は歯周炎の一番キツい状態と言えます。

歯槽膿漏になると、歯を残すことが難しくなり、歯石除去などの外科処置でもあまり効果はありません。また、歯周病菌が体内に入り込むことから、全身疾患を引き起こすリスクもあります。

歯槽膿漏になる前に発見・治療することが大切

これらの対策としては、「歯槽膿漏」になる前に、できるだけ早い段階で発見し、対策・治療を行うことが重要です。

しかし、歯周病は初期症状がほとんどないため、実際に痛みや違和感を感じた頃にはすでに進行しています。ここからは、歯周病の対策法についてお伝えします。

①定期検診を受ける

まずは、定期的に歯科医院で検診を受けることです。歯科医院であれば、肉眼でわからない部分の検査をすることもできますので、見えないところから対策を立てることができます。

②メンテナンスを受ける

現在、多くの歯科医院やクリニックでは「予防歯科」に力を入れています。そんな予防歯科のメニューの一つに「PMTC」があります。PMTCは、プロ(歯科衛生士)によるお口のメンテナンスであり、清掃用の治療機器を使ったクリーニングだけでなく、日々の歯磨き指導などもしてもらえるため、早期発見や対策に役立ちます。

③日常生活で気をつけられるところは気をつける

歯周病は、喫煙や運動不足、ストレスなど日常生活の影響を受けて進行することがあります。そのため、生活改善をするだけでも対策になります。

歯周病菌によって起こる全身疾患

歯周病菌が体内に入ると、全身疾患に影響を与える可能性が高まります。特に、次のような病気は要注意です。

①脳梗塞

脳の血管が詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊などが脳血管を詰まらせる病気です。歯周病の方は罹患しやすいと言われています。

②糖尿病

歯周病によって、糖尿病が悪化するケースがあります。逆に、歯周病を治療すると糖尿病が改善することもあるようです。

当院の治療について

当院では、歯周病治療に力を入れています。歯周病は慢性的な病気ですから、定期的に検査に来ていただくことで、常に健康な状態をキープしていただけるようサポートしています。

また、PMTCを歯科衛生士が行いますが、患者様に対して担当制度を採用していますので、毎回同じスタッフが担当させていただきます。

お互いのコミュニケーションを深めながら、より良い治療を受けていただけるよう心がけています。

さらに、歯周病が重度である場合には「レーザー治療器」による歯周外科治療を行うことで、患者様の負担を軽減するようにしています。歯周病治療に対する恐怖心やネガティブなイメージを少しでもなくしていただき、積極的に治療を受けていただけるようにサポートさせていただきます。

 

博多駅周辺の歯科医院|つのだデンタルケアクリニック

福岡市博多区の博多駅周辺つのだデンタルケアクリニックでは、予防歯科と舌痛症診療を中心に、患者様の痛みやお悩みを解決すべく日々診療しております。

むし歯・口腔外科の治療や、小児歯科・インプラント・歯周病・ホワイトニングなどの幅広い診療を行っております。

口腔外科出身のドクターがお口にまつわる幅広い相談を受け治療を行うことで、地域のホームドクターとして皆さんのお口の健康をサポートしていきます。

土曜も診療している通いやすい歯科医院です。

■住所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10

■TEL
092-400-0080
サイト
【オフィシャルサイト】
https://tsunoda-dentoral.net/
 
【舌痛症専門サイト】
https://zettsu.com/
 

その他のコラム

変化に気付く

同じ道を歩いているとき、アスファルトや周辺の建物などはあまり変化のないものですよね。 でも、空や天候、歩いている人、道端に植えられている樹木や草花は毎日変化しています。 何となく歩いていると気づかないような変化、そこには小さな生命のドラマがあるかもしれません。 そんなことを考えたり、空を見上げてみたり、歩いているときの視線を少し上げてみると、毎日同じ道でも変化に気づけるかもしれません。 この気づきはトレーニングだそ...

コロナ怖い

新型コロナウィルスが猛威をふるっており、収まる気配すら感じられません。 確かに怖いですが、もちろんいずれ終息へ向かうことでしょう。 ただ、第一波の時との違いは… 相手を知ってきたため、怖さは少し軽減していませんか? 検査方法や治療方法、症状、病態など、明らかになったことも多いと思います。 また、私たち人類のウィルスに対する弱点や強みも明らかになっています。 国ごとの対処の違いなども学習し、ワクチンや感染予防...

お口を怪我をした際の重要な応急処置とは?

歯が折れたり抜けたりする原因は、様々なものがあります。交通事故や転倒、スポーツによることも多々あります。歯が折れたりぐらついたり、抜けてしまった場合には焦ってパニックになってしまう方も多いのではないでしょうか? 今回は、怪我やトラブルが起きた場合の対処法についてです。 歯の外傷は主に3つ 歯の外傷は主に3つに分類することができます。 ①破折(歯折) いわゆる、歯が折れることです。歯折は、歯冠部(歯茎から出...

歯の神経を抜く「根管治療」は痛い?痛みが出る場合の原因と対処法

根管とは、歯の中にある神経や血管が通っている菅のことです。むし歯が進行すると、強い痛みが出るため、根管の中にある神経を取り除く「根管治療」を行いますが、「根管治療は痛い」というイメージもあるようです。では根管治療は実際のところ痛むのでしょうか。また痛む場合はどんなことが考えられるのでしょうか。詳しくご紹介します。   根管治療とはどんな治療法?   根管治療は、むし歯が進行して、細菌が歯の中の神経に達す...

体に負担を与える歯ぎしりの原因は何?改善策や治療方法を紹介

寝ている間に、無意識に起こる歯ぎしり。自覚はなくとも、人に指摘されて気がついたというケースのほか、朝起きた時に奥歯やあごに痛みを感じたり、歯の内側に噛んだ跡があったりして歯ぎしりを疑うこともあります。また集中していると気がつけば歯ぎしりしているという人も。では、なぜ歯ぎしりをしてしまうのでしょうか。原因や体に及ぼす影響をまとめました。   歯ぎしりの原因は何? なぜ歯ぎしりをしてしまうのか。そのメカニズムは...

カテゴリ

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

お問い合わせはこちら 092-400-0080
つのだ先生が取り組む舌痛症
ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル
小児プログラム
つのだデンタルケアクリニック
tel.092-400-0080

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10
南近代ビル2F

診療時間
9:30〜13:00
14:30〜20:00(19:30最終受付)

○…11:00~13:00 △…14:00~17:00

診療科目:一般歯科/小児歯科/口腔外科

公式LINEはじめました お友達登録お願いします!
092-400-0080 お問い合わせ