求人募集 舌痛症サイト オンライン診療
公式LINEはじめました お友達登録お願いします!

欠損歯を補うためのインプラント!差し歯との違いは?

インプラントと差し歯ってどう違うの?そんな疑問をお聞きすることがあります。よく混同されることがありますが、それぞれの違いについて解説します。

根っこがあるかどうか

インプラントも差し歯も、どちらも「失ってしまった歯を補う治療」です。差し歯は歯根がある時にはできますが、インプラントは歯根がないときに行われます。

インプラント治療は、人工的に作った人工歯根を埋め込み、上部構造(セラミックなどの材質)を装着するものです。それに対して差し歯の治療は、患者さんの歯根を使用して、その上に被せ物を行う治療法なのです。

差し歯治療は、完全に抜歯している状態(歯根がない状態)に対して行うものです。インプラント以外には部分入れ歯やブリッジなども治療法として提案されることもありますが、それぞれ患者さんのお口の状況によって最適な治療案を提案してもらいましょう。

それぞれのメリット・デメリット

ここからは、インプラントと差し歯のメリット・デメリットを解説します。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

・天然歯のような自然な見た目と噛みごこち

・周囲の天然歯に負担をかけずに済む

・日常生活(特に会話や食事)に支障がない

など

デメリット

・手術などで時間がかかる(場合によっては半年ほど)

・保険適用外

・メンテナンスが必要(定期的)

など

差し歯のメリット・デメリット

メリット

・保険適用であれば安価で治療が可能

・自然な見た目と強度が確保できる(保険適用外のみ)

・手術が必要ない

など

デメリット

・保険適用ないだと目立ちやすい

・費用が高額(保険適用外)

・歯の根っこが薄いと割れる可能性がある

など

それぞれの特徴等のまとめ

インプラントと差し歯の対象や特徴等をまとめましょう。どちらを選ぶかを検討する際のヒントにしていただければと思います。

①噛む力

噛む力については、インプラントは天然歯とほぼ同じと言えます。それに対して、差し歯もほぼ同じと言えますが、過度な負担は避ける必要があります。

②見た目

見た目は、前述した通りインプラントは天然歯に近い状態です。それに対して、差し歯は素材によって異なりますので、医師にしっかり相談しましょう。

③治療費

インプラントは、自由診療であるため高額の負担が必要となります。それに対して差し歯は保険診療が自由診療を選ぶことができます。

④治療期間

治療期間に個人差はありますが、インプラントは3〜6ヶ月、場合によっては1年ほどかかる方もおられます。それに対して差し歯は1〜2ヶ月ほどかかります。

差し歯に使われる素材は?

差し歯に使われる素材には、次のようなものがあります。医院によってそれぞれ異なりますので、かかりつけ医に問い合わせてみましょう。

・硬質レジン

・銀歯

・セラミック(ハイブリッド)

・ジルコニア

・メタルボンド

など

噛み合わせやお口の健康を意識した選択を

「最終的に何をどう選択すればいいの?」とお困りかもしれませんが、どんな選択であれ、最終的には末長くご飯を美味しく食べられるかどうかを意識すると良いでしょう。

もちろん、インプラントは誰にでも行える治療ではありませんから、インプラントがやりたくてもできない方はおられます。

治療に対しての十分な説明を受け、疑問をしっかりと解決をした上で、どちらが良いかを判断するのが重要です。どういった場合でも、まずかかりつけ医に相談しましょう。お口の中の状態をしっかりと診てもらうことで、最適な提案をしてもらえます。

 

博多駅周辺の歯科医院|つのだデンタルケアクリニック

福岡市博多区の博多駅周辺つのだデンタルケアクリニックでは、予防歯科と舌痛症診療を中心に、患者様の痛みやお悩みを解決すべく日々診療しております。

むし歯・口腔外科の治療や、小児歯科・インプラント・歯周病・ホワイトニングなどの幅広い診療を行っております。

口腔外科出身のドクターがお口にまつわる幅広い相談を受け治療を行うことで、地域のホームドクターとして皆さんのお口の健康をサポートしていきます。

土曜も診療している通いやすい歯科医院です。

■住所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10

■TEL
092-400-0080
サイト
【オフィシャルサイト】
https://tsunoda-dentoral.net/
 
【舌痛症専門サイト】
https://zettsu.com/
 

その他のコラム

歯周病治療とはどんな治療なのか

成人の8割が感染している歯周病。 歯の周りの歯ぐきや歯を支える骨を溶けてしまう歯周病。 歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットに侵入した細菌が原因で歯肉が炎症を起こすことで発症する病気です。 軽症であれば、歯を磨いたときに歯茎から出血する程度ですが、徐々に歯ぐきがぶよぶよと腫れていき、重症になると何もしていないのに出血したり、歯がグラグラとなり抜け落ちてしまったりします。歯を失う大きな原因のひとつであるものの、むし歯と違...

放置はNG!詰め物・被せ物が取れてしまったときの対処法

キャラメルやガム、硬いものを食べていた時、被せ物が取れてしまったという経験はありませんか。詰め物や被せ物は、治療から何年も過ぎると接着するためのセメントが劣化したり、詰め物と歯の間にむし歯ができたりして、外れてしまうことがあります。では、詰め物や被せ物がとれてしまったら、どうすればいいのでしょうか。やってはいけないことと正しい対処の仕方をお伝えします。 詰め物・被せ物がとれたとき、やってはいけないことは?  ...

幼年期・児童期・思春期・青年期。子どものお口の健康管理のために知っておきたいこと

子どもが健やかに育ち、大人になっても健康で充実した日々を送ってほしいと思うのが親心というもの。子どもにとっても、親の影響というものはとても大きく、ご両親の体型や体質、食習慣や生活環境は、子どもの成長に明らかに関係するものです。   お口の健康も同じで、親御さんがお子さまへ、どのようにケアについて伝えていくのかがその後に大きく関わってきます。そこで今回は、お子さんの成長に合わせて知ってほしいオーラルケアについてお伝え...

自分が生きている意味は?

よく”自分探し”とか”自分が生きている意味を知りたい”とか耳にすることがあります。 このことについて考えてみたいと思います。 第2次大戦中に、かのアウシュビッツ収容所の収監されたユダヤ人精神科医ビクトールフランクルが収容所内の様々な過酷な状況を経験した上で述べていたことです。 ビクトールフランクルは、収監される前より”ロゴセラピー”という考え方を確立しており、アウシュビッツ収容所内でこの自分の考え方は間違っていな...

年末のご挨拶

本年も患者様はじめ、HPを閲覧していただいた方、誠にありがとうございました。 ブログにて、私の思うままの雑談にお付き合いいただきお読みいただいた方には、本当に感謝いたします。 また、来年もブログは書き続けようと決めております。 お暇なときにでも、お読みいただき、なにかを感じ取っていただければ幸いです。 良い年の瀬をお過ごしください。 ありがとうございました。 つのだデンタルケアクリニック 院長 ...

カテゴリ

ここまでの症状・原因に心当たりがある方へ
そのストレスを解消させてみましょう

まずはあなたの状況を聞かせてください。

お問い合わせはこちら 092-400-0080
つのだ先生が取り組む舌痛症
ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル
小児プログラム
つのだデンタルケアクリニック
tel.092-400-0080

福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目2-10
南近代ビル2F

診療時間
9:30〜13:00
14:30〜20:00(19:30最終受付)

○…11:00~13:00 △…14:00~17:00

診療科目:一般歯科/小児歯科/口腔外科

公式LINEはじめました お友達登録お願いします!
092-400-0080 お問い合わせ